町税過誤納金とは

納付した後に、減額の変更(申告、減免、更正など)があったことにより納め過ぎとなった税金(過納金)や、二重に納付するなど誤って納めた税金(誤納金)のことをいいます。これらの過誤納金はお返しします(還付)。

ただし、納期限を過ぎても未納となっている町税や延滞金が残っている場合は、そちらに充当し、残額があれば還付ます。
(地方税法第17条、第17条の2)

※過誤納金発生な主な理由

 ①納付後に申告(所得税、町県民税)、減免、課税取消、固定資産の価格等の決定または修正、所有者認定誤りなどにより減額となった場合。

 ②口座振替の申し込みをしてから、納付書で納付し、納期限内に口座引き落としされた場合。

 ③督促状、納税通知書、再発行納税通知書等異なる納付書で、同じ年度、税目、期別のものを二重に納付。

 ④町県民税(年金特徴)仮徴収によるもの。

 ⑤法人町民税の中間還付。

 ⑥法人町民税・諸税の更正。

 ⑦国民健康保険税(年金特徴)仮徴収によるもの。

 など

還付金の返還方法

過誤納金のお知らせ

減額や二重に納付があった場合など過誤納金が生じた場合、納税義務者に「過誤納金還付通知書」または「過誤納金還付充当通知書」を送付します。

振込先口座の確認

還付金は口座振り込みによりお返しします。還付口座を登録されている方と、そうでない方とで手順が異なります。

還付口座が登録されている方

「過誤納金還付通知書」に振込口座の金融機関、支店名、口座番号(非表示)、名義人を記載しております。

上記以外の方

振込口座をご指定いただくため、振込口座照会用紙を郵送しますのでご返送ください。

振込口座をご指定いただけない場合は、中泊町役場会計課または小泊支所をご指定ください。

還付金の振込

「過誤納金還付通知書」に振込先口座の記載がある場合は、その通知がお手元に届いてから2週間程度、それ以外の方は振込口座照会用紙を返送後、税務課に到着してから1か月程度で振り込みします。

還付金の窓口での受け取り

受け取先、期日が記載されている「過誤納金還付通知書」と身分証明書(マイナンバーカード、保険証、免許証)及び印鑑をご持参ください。納税義務者本人が受け取りに来れない場合は、委任状が必要となります。