7月9日(月)、五所川原市役所においてつがる西北五広域連合構成6市町長による連合長選挙が行われ、五所川原市長の佐々木孝昌氏がつがる西北五広域連合長に選出されました。

つがる西北五広域連合は、五所川原市、つがる市、鰺ヶ沢町、深浦町、鶴田町及び中泊町の2市4町で構成されており、介護認定・障害判定に係る審査会及び障害者地域自立支援協議会の設置・運営等の広域行政に係る事務、さらに西北五地域保健医療圏自治体病院機能再編成に基づき中核病院及びサテライト医療機関による病院事業の一体的運営を行っています。

 佐々木連合長は、「当圏域は人口減少や高齢化が著しく課題は山積しているが、住民ニーズに対応した良質な医療サービスの提供、地域医療体制の充実強化、そして住民福祉の更なる向上のために努めて参りたい」と抱負を述べられました。

 同連合では、団塊の世代が75歳以上になる2025年を見据えた新たな医療提供体制の構築に向けて、つがる総合病院、かなぎ病院、鯵ヶ沢病院、つがる市民診療所及び鶴田診療所がそれぞれの機能を果たしながら更なる連携強化に努め、地域完結型医療を目指し、圏域住民に安定した医療の提供に努めていきます。