公的個人認証サービス(電子証明書)

 公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて電子申請をする時に、他人を装って虚偽の申請を行う「なりすまし」や、第三者がデータを書き換える「改ざん」を防ぐため電子証明書を発行するものです。これは、住民が自宅や職場のパソコンから申請手続き(電子申請)をした際に申請者が本人であることを証明するサービスです。

※詳しくは「総務省 公的個人認証サービスによる電子証明書」を参照してください。 

  なお、電子申請にはパソコンに専用ソフトのインストールとICカード読取書込機(カードリーダライタ)が必要です。

※詳しくは「公的個人認証サービスポータルサイト」を参照してください。

 

電子証明書の種類

 

  署名用電子証明書 利用者署名用電子証明書
用途 e-Taxの確定申告等、文書を伴う
電子申請で利用
マイナポータルのログイン等、本人で
あることの確認手段として利用
暗証
番号
6~16桁の英数字
(英字は大文字のみ)
4桁の数字
有効
期限
以下のうち、一番早い日付が有効期限となります。
1)住民票の住所氏名に変更があった日
2)発行日から5回目の誕生日
3)利用者署名用電子証明書の有効期限
4)個人番号カードの有効期限
以下のうち、一番早い日付が有効期限となります。
1)発行日から5回目の誕生日
2)個人番号カードの有効期限
更新 有効期間満了日の3ヵ月前から更新可 有効期間満了日の3ヵ月前から更新可

※15歳未満の方および成年被後見人の方には「署名用電子証明書」は発行されません。

電子証明書の申請

 すでに個人番号カードが交付されていて、電子証明書を発行されていない(または失効している)方や、更新をする方は申請することができます。                                          ※住民基本台帳カードをお持ちの方、個人番号カードを申請していない方は、まず個人番号カードの申請をしてください。⇒ 「個人番号カードとは?」「個人番号カードの作り方」

【必要なもの】

個人番号カード                                               ※原則、申請者本人が来庁する必要があります。

【手数料】

電子証明書の発行手数料は当分の間、無料です。                                          ただし、個人番号カードの紛失等による再発行の場合はかかります。                       ※個人番号の再交付手数料も同時にかかります。

 

  手数料
電子証明書再発行 200円
個人番号カード再交付 800円
1,000円
                                                                                                    

 【受付時間】

  月曜日から金曜日までの役場開庁日

    午前9時00分から午後4時30分まで

 【受付場所】

  役場町民課 総合窓口

  小泊支所