道路管理者の責任による点検→診断→措置→記録というメンテナンスサイクルを確立するために具体的な点検頻度や方法等が法令で定められ、また、「道路の老朽化対策の本格実施に関する提言」(平成26年4月)より、メンテナンスサイクルを持続的に回すよう取組むべきと提言された。

これらを踏まえて、中泊町の道路構造物(大型カルバート)の個別施設計画を作成いたしました。

 

計画の内容はこちら [630KB pdfファイル] からご覧いただけます。