農業委員会の法的性格

農業委員会は、「農業委員会等に関する法律」に基づき、市町村に設置される合議体の行政委員会です。
 

 

農業委員会の役割

農業委員会は、農業者の代表で構成する行政委員会です。担い手への農地の集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消、新規参入の促進など、農地等の利用の最適化の推進に取り組んでいます。また、青森県農業会議を通じて農業・農業者に関する課題について、県や国などに要望する活動を行っています。
 

 

農業委員会の業務

(1) 農地法に基づく農地の所有権の移転、権利設定等に関する業務
(2) 農地法に基づく農地の転用に関する業務
(3) 和解の仲介に関する業務
(4) 農業経営基盤強化促進法に基づく利用権の設定事務
(5) 農地等の利用関係についてのあっせん、および紛争の防止に関する業務
(6) 租税特別措置法による納税猶予に伴う業務
(7) 農業者のための調査研究(農作業臨時雇用標準賃金の策定等)の業務
(8) 農業者年金に関する事務