固定資産(土地、家屋及び償却資産)に対し、その資産価値に課される税金です。

納税義務者

 固定資産税は、毎年1月1日現在で固定資産(土地・家屋・償却資産)を所有している人が納付することになります。
 この場合の所有者とは固定資産の課税台帳等に所有者として登録された者をいいますが、具体的には

  • 土地については、土地登記簿又は土地補充課税台帳に
  • 家屋については、建物登記簿又は家屋補充課税台帳に
  • 償却資産については償却資産課税台帳に

 それぞれ所有者として登記又は登録されている人をいいます。

税額の計算方法

 固定資産の価格(課税標準額)×税率(1.4%)

価格の決め方

 課税の基礎となる価格は、固定資産評価基準によって価格を決定したあと固定資産課税台帳に登録されます。

評価額

 固定資産税の基礎となる価格(評価額)は原則として、土地、家屋は3年に1度、償却資産は毎年、固定資産評価委員が“適正な時価”により評定して台帳に登録します。土地、家屋の評価替えは、令和3年度に行われ、次は令和6年です。

固定資産税の免税点

 中泊町にもっている土地、家屋、償却資産がそれぞれについて税額算出の基礎となる価額の合計額が土地30万円、家屋20万円、償却資産150万円未満の場合は課税されません。

固定資産税課税明細について

 納税通知書の後半のページに、課税明細書がありますので、課税された明細を知ることが出来ます。

 固定資産に関する証明書について

  令和3年度の資産証明書・評価証明書は4月1日(木)から、公課金証明書は5月6日(木)から発行します。

 ※各種証明書に表示される所有者の住所・氏名等は1月1日現在のものとなります。

証明書の種類

証明の内容

資産証明書

 土地については地目ごとの筆数、地積、

 評価額の合計を、家屋については全棟

 まとめた棟数、床面積、評価額の合計

 を証明します。

評価証明書

 土地・家屋の地番ごとの地目、面積、

 評価額を証明します。

公課金証明書

 土地・家屋の地番ごとの地目、面積、

 課税標準額、税相当額を証明します。