介護保険のサービスを利用するためには,まず,要介護認定の申請が必要です。

1 中泊町役場福祉課窓口に要介護認定の申請

  • 申請は本人や家族などのほか,介護支援専門員(ケアマネジャー)も代行できます。
  • 有効期間が切れる前に,更新申請の手続が必要となります。
    申請に必要なもの
    1. 介護保険被保険者証
    2. 主治医(かかりつけ医)の氏名、医療機関名、診療科目、所在地、電話番号がわかるもの(診察券など)
    3. 医療保険証(第2号被保険者のみ)

 

2 訪問調査

町の職員または専門の調査員が家庭や施設を訪問し、日常生活動作や心身の状況などについて調査を行います。

 

3 主治医に意見書を作成してもらいます

主治医(かかりつけ医)からの医学的な意見書の作成を町が直接依頼しますので、申請者は依頼にあわせて受診してください。
主治医がいない人の場合は町が指定した医師により作成してもらいます。

 

4 コンピュ-タ-判定(1次判定)

コンピュ-タ-による1次判定をします。

 

5 介護認定審査会(2次判定)

1次判定の結果、訪問調査票、主治医の意見書をもとに,保健・医療・福祉の専門家等で構成する「介護認定審査会」が介護の必要性の有無や,その程度などについて審査判定(2次判定)します。

 

6 認定結果通知

申請から30日以内に,どの程度の介護が必要か要支援1、2・要介護1~5の7段階に分けて認定結果を通知します。非該当の場合は、介護保険サ-ビスは受けられませんが、市町村が行う介護予防事業(地域支援事業)を利用できます。認定結果について不服がある場合は,県に設置されている「介護保険審査会」に申し立てをすることができます。

 

7 介護サービス計画(ケアプラン)の作成

利用者本人や家族の希望をもとに、介護支援専門員(ケアマネジャー)が利用者にあわせた介護サービス計画を作成します。ケアプランの作成費用は全額保険給付されます。

 

8 介護サービス利用の開始

ケアプランに基づいた在宅や施設でのサービスを開始します。

 

※ ケアマネジャーってどんなことをする人 ?

  • 制度やサービス利用に関する相談
  • 要介護認定申請の代行
  • 介護サービス計画(ケアプラン)の作成
  • サービス利用の調整

    など,サービス利用について様々な支援を行います。ケアマネジャーは居宅介護支援事業所等に配置されています。