第三者行為について

 第三者行為とは交通事故や他人(第三者)の行為により傷病を受けた場合、国民健康保険を使って治療を受ける場合は保険者(中泊町)に届出が必要となります。第三者行為による治療費については、届出により加害者に代わり国民健康保険が一時的に治療費を立替えし、後日加害者に対し、治療費を請求することとなります。

 尚、第三者の行為の例として「交通事故」「他者から暴力行為を受けた」「他人が飼っている犬に噛まれたとき」などがあげられます。

 

国民健康保険が使用できない場合

 悪質な法令違反の事故(飲酒運転や無免許運転等)、故意の事故、労災保険の給付対象となるもの(業務上の事故、通勤途中の事故等)に関しては国民健康保険が使用できません。

 

第三者行為の届出について

 第三者行為により国民健康保険を使用し、治療を受ける際は「第三者の行為による被害届、交通事故証明書」等の各種書類を中泊町役場 町民課へ提出していただく必要があります。自損事故の際は第三者行為には当たりませんが、国民健康保険を使用する際については届出が必要となります。

 

各種提出書類

 提出書類は以下からダウンロード、印刷が可能です。

 

第三者の行為による被害届.pdf [11KB pdfファイル] 

交通事故証明書(警察に連絡し発行していただくようお願いします。)

事故発生状況報告書.pdf [12KB pdfファイル] 

念書.pdf [96KB pdfファイル] 

同意書.pdf [11KB pdfファイル] 

第三者行為基本調査書.pdf [101KB pdfファイル] 

負傷の原因にかかる調査書.pdf [83KB pdfファイル] 

 

その他

 交通事故等の第三者行為が原因で後期高齢者医療保険を使用して治療する場合、要介護状態となり介護保険サービスを受けることとなる、もしくは要介護度が重度化して介護保険サービスを利用する場合等は、国民健康保険と同様に届出が必要となります。詳細につきましては各担当窓口までご確認お願いします。